Vive ! Ma puces ♀♀

次に、手について。

久々なのに・・・

手というか、指先というか・・・ポイントは、手のひらかな。
もちろん、バレエとスケートは違うし、得点と言う意味では、まったく関係ないかもしれないけど、どうしても見てて気になる。
駄目な場合特に、もう、そこに目が行っちゃって・・・・困るくらい。






特に、なんとかしたらいいのに・・・と思う人が二人。
村主選手と浅田真央選手。
(安藤選手は、ちょっと置いとく)
なぜならば、もっともっとイケる!って思うのですよぉぉ。

例えば、村主選手の、フリーの最初のポーズ。
胸の前で、腕をクロスするのだが、う・・・。
もうちょっと肘はって、両手が重ならないように、微妙にずらして・・・
指も正面から見たときにも、少し重なるように、でも決してどの指も隠れないように。
指で、手のひらを隠すようにして。

全体的に、手のひらがね下手っていうか・・・だらしない印象に見えちゃって。

ジゼルの第2幕にも、白鳥の湖にも、腐るほど出くるのになぁ・・・。
っていうか、バレエの基礎練習しないのか。

繊細な表現を得意とする筈だし、そう追求しているのだろうと思うんだけど、表現お印象付けるのは、顔の表情だけではない。
上半身全体が、とても重要で、その上半身のポイントは、腕にあると思う。
腕は、指先までを言うのであるけど、雰囲気はいいんだけど・・・
真似してるだけっていうか・・・

サーシャ・コーエン選手程でなくていいけど、表現力を言うのであれば、是非とも習得して欲しい。

浅田選手も、同じ事ように見える。
今回は、フリーはくるみ割りで、クラッシックバレエの王道。
もう、嫌でも、どうしても目が行っちゃうですぅぅぅ。
途中の、「ティタタン、ラタタン、チタタン、ティタティタタン♪」の振りは、バレエを意識しての動きだけど・・・指先だけパタパタしても駄目で、脇をあけるように肘張って、肘先から手首から指先を使って下さい。

バレエ音楽を使うと言う事は、それなりにリスクもあるんだろうなぁって思う。
何故って・・・どうしても、バレエを思い出しちゃうでしょう。
ジャッジだって、その道の専門家なら、基礎知識も十分だろうし・・・
日本ほど、特殊なものでもないだろうし。
オペラだって、同じ事だけど・・・踊りのイメージは無いから、具体的な振りまで想像しない。

日本人でも、中野選手の腕は好きなんだけどなぁ・・
(荒川選手の腕が曲がってるのは、骨折のせい?問題は無いんだけど・・・)

足・・・特に膝や甲は、持って生まれてた物もあるけど、腕は使い方魅せ方次第の部分がある。トゥシューズ履くほどやる必要はないだろうけど、バーレッスンとセンターはみっちりやらないと。
私の神様は、バレリーナかってらいやってたよ・・・。

スパイラルなどでの足上げも、ごまかそうと思えばそれなりにできる。
でも、正しく立てなければ、きっちり体を、足を開く事(アンドゥオール)ができなければ、イナバウアー等はできない。
180度開脚でのスピンも、大ジャンプ(グランジュテみたいあ前後の開脚)も。
サーシャ・コーエン選手は、200度くらい開いてるよ。


昨日、ニュース番組の中で、最近男性がウォーキング教室に通ってるという特集があった。
確かに、最初よりは、それなりになってた歩き方だけど、その前に身に着けなきゃいけないことは、正しい姿勢で真っ直ぐ立つ事だ。
足の運びは、大体出来るようになっても、背中が丸いんだってば。
背筋が真っ直ぐできれば、歩き方もさまになるんだって。

私は、小さい頃、良く叱られたっけ
「姿勢良くしなさい。」って。
今でも、気を抜くと、猫背になっちゃうけど・・・
大事な事だったんだなぁ、って今さら思います。

正しく立つのは、難しいんだよねぇ。
でもこれが出来ると、お腹も引っ込むし、足もまっすぐになる。

下っ腹に力をいれて、腹筋を意識する。
肩を下げて、胸を張る。でも、胃は閉じる(これは難しいけど)
首は、真っ直ぐ上に吊るされる様に引っ張り上げる。
お尻のほっぺを締め(何かを挟めるようにぎゅっと)て、膝を後ろに押すようにしながら、かかとを踏ん張り土踏まずを引き上げる。
足の指には、均等に力を入れ地面をつかむように。

前から見ると、つま先、膝、腿が同じ方向に向き、くるぶし、ふくらはぎ、膝、太ももが着く。
壁にかかとを着けて立つと、頭からかかとまで、真っ直ぐになる筈。
お尻は突き出さず、背中に隙間が空かないように。
(床に仰向けに寝ても同じ事。)

出来ましたか~?

将来は、スケータ-にと、オリンピックみて思った人!
取り合えず、子供の姿勢を正しくするようにしましょう。
[PR]
by viva-twin | 2006-03-12 23:03
<< 誤飲騒動 久々なのに・・・ >>



産んで見ました双子ちゃん♪双子の日常アラカルト 
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31